原因と対応できる治療|不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

看護師

原因と対応できる治療

困るレディ

一口に不妊といっても原因は様々で女性の不妊、男性の不妊では治療法が違ってきます。 それでは女性の不妊と男性の不妊それぞれの原因と治療方法について説明します。 まず女性の不妊の原因は大きく分けて排卵障害・卵管障害・子宮因子・黄体機能不全になります。 排卵障害は基礎体温やホルモン検査で調べることができ、内服薬や注射薬によって治療を行います。 卵管障害は子宮卵管造影検査で調べます。この卵管障害が女性の不妊で最も多い原因で、症状によって内服薬や通水治療、手術で治療します。 子宮因子は子宮卵管造影検査や超音波検査、血液検査によって調べます。内服薬か手術により治療します。 黄体機能不全は基礎体温、超音波、血液検査により調べます。黄体ホルモンを補充する内服薬や注射薬により治療します。

男性の不妊の原因で最も多い精液中の精子が少ない状態の乏精子症は精液検査で調べることができます。改善するためにはホルモン療法や手術によって治療します。 その他にも漢方薬やビタミンB・ビタミンE、亜鉛、マカなどのサプリメントの服用も効果が期待できます。 次に多いのが無精子症です。無精子症は文字通り精液中に精子が全く存在していない症状です。無精子症には閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症があり、閉塞性の場合は手術あるいは精巣から直接精子を抽出する方法によって体外受精や顕微授精を行う治療になります。非閉塞性の場合は精子回収法による治療になります。この場合1匹でも精子が見つかれば体外受精や顕微授精が可能です。 そして精子無力症の場合は、漢方薬やビタミンB・ビタミンE、亜鉛、マカなどのサプリメントが期待できますが、一般的に人工授精、体外受精、顕微授精での治療になります。