不妊治療で体外受精|不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

看護師

不妊治療で体外受精

カウンセリング

体外受精の方法と取り組み

不妊治療が積極的に行われている今、体外受精での実績を大きく伸ばす病院が増えています。体外受精とは、卵子と精子を体外で受精させていき、その受精卵を再び子宮に戻していく治療法です。この体外受精は不妊治療の中でも最終段階の治療法となり、これ以外の方法で妊娠できなった人や高齢の人が主に受けています。 特に女性は年を取ると卵子が老化していくので、受精しにくいというデメリットが生じてしまいます。また、卵管などに問題がある人も妊娠の妨げになってしまうので、体外受精が勧められることもあります。 このような体外受精は、成功率はそれほど高くはありません。病院の技術にもよりますが、女性の年齢も卵子の質に大きく関わるので、それが成功率にも影響します。 しかし、大阪には不妊治療で有名な病院が複数あり、全国から来院してくる患者の人は少なくありません。それは、やはりこの成功率が高いというのも関係しているので、遠方からでも大阪に来る人が後を絶たない状況です。こういったことから、病院側も積極的に不妊治療体制に取り組んでいます。

助成金制度の活用

この体外受精を受けていくには、保険が適用されないため、経済的に余裕を持っておかなければいけません。1回が20〜30万円することもあり、なおかつ、1回で成功する人は多くはありません。そのため、計画的な資金を用意しておくことが大切です。 しかし、経済的な事情で体外受精が受けられない人もたくさんいます。そんな人たちのために、各自治体の一部で助成金制度が行われています。大阪でもそれらが行われており、申請をすれば費用の一部を自治体が負担してくれるのです。 この助成金制度で注意したいのが、各自治体によって費用の額や受けられる人の条件などが違ってくることです。これをしっかり確認しておく必要があり、これらは住んでいる地域で受けることになります。大阪の病院で遠方から来ている人は、大阪ではなく住んでいる地域の助成金制度が対象となります。 いずれにせよ、助成金制度があることは本当に助かることなので、これで前向きに体外受精を検討していくことができるでしょう。