体外受精を受ける|不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

不妊治療や分娩場所を選ぶ|悩みを解消してベイビー誕生

看護師

体外受精を受ける

女医

通院時間を短縮するには

体外受精の治療をされる方は、年々増えてきています。体外受精を行うとなると、検査等での病院通いが頻回となります。また、ホルモン値の動向によっては、急な受診も余儀なくされます。 私も、名古屋で体外受精を受けておりました。仕事をしていた為、通院時間が負担になることもありました。そこで、WEB予約で午前診察か午後診察いずれかの早い順番の予約を取るように心がけました。一番や二番のような早い順番であれば、あまり診察に遅れがないからです。 また、病院は仕事場からなるべく近くて通いやすい所を選びました。これにより、お昼休みや仕事帰りに受診することができました。 有難いことに、名古屋にはオフィス街にも不妊治療のクリニックが多くあります。これを利用しない手はありません。

病院の特徴を知りましょう

体外受精と言っても、病院が違えば排卵方法から異なります。それぞれの病院の特徴を知ることは、とても大切なことです。 私の通っていた名古屋のクリニックでは、少しでも若い時に沢山採卵をしましょうという考えの先生でした。また、別のクリニックではホルモン剤をなるべく使用せず、自然に育つ1つの卵を大事に採卵しましょうという傾向がありました。これらは真逆の治療方針となります。 また、名古屋では最新の治療機器や培養液の研究に力を注いでいるクリニックもあります。 どの病院が良いかということは、一概には言えません。ホルモン値などの検査結果をもとに、自分に合う病院を探し治療を受けることが重要です。 体外受精を受ける場合、先ずは病院で説明を受けてからとなります。疑問に思う事を医師に相談し、納得した上で治療を受けましょう。